会社設立の案内状ははがき - 東京で会社設立するには

HOME » 東京で会社設立なら » 会社設立の案内状ははがき

会社設立の案内状ははがき


 

会社設立後は、取引先やクライアントはもちろん、お世話になった人や関わった人に挨拶をするというのがマナーとなっています。
社会の法律で決まっているわけでもありませんし、明確なルールが存在するということでもありません。
ただ、会社設立を行った際には取引先やクライアントへの挨拶はもちろん、他の人にも挨拶が必要となるということだけは覚えておくことが必要です。
近年はメールや電話で簡単な挨拶だけ済ませるということが多いですが、昔から使われてきた方法としては、手紙やはがきによる通達が多いと言えます。
やはり正式な文章に関しては手書きでという考え方が根強いため、日本ではまだまだ手紙やはがきで挨拶をする場合も多いです。
また、会社設立の場合、案内状としての役割も挨拶状は持っているので、必要な内容を書いておくというのが普通だと言えるでしょう。

ただ、手紙やはがきに書く内容に関しては、極力は最小限に抑えて大丈夫です。
必要なことに関しては後々に連絡をすれば良いですし、とりあえず会社設立の挨拶ということで案内状を送るというのが一般的となります。
ちなみに挨拶状に関しては、テンプレートなどもインターネット上に多くアップされています。
どうしても内容が思いつかない場合は、それらのテンプレートを活用してみるというのも良いのではないでしょうか。
その他、わからないことがあるなら専門家にサポートしてもらうのも良いです。
挨拶状や案内状だけで困るということはありませんが、司法書士や行政書士、税理士などもその作成をサポートしてくれます。
そこは上手に使っていくことで、より手間や面倒もなく作成が可能です。
意外と会社設立の際には、行わなくてはならない手続きや申請も多く、意外にもドタバタしてしまうことが多いです。
そのため、最低限必要なことに関しては、専門家に任せてしまうというのが良いかもしれません。

会社設立の案内状や挨拶状を、手紙・はがきで出す場合は特にテンプレートで十分です。
逆に言えば、専門家に丸投げして、取引先やクライアント、その他の相手に送ってもらうというのも良いのではないでしょうか。
なお、他にも経営や運営で相談できる専門家は多いですし、手続きや申請の際に必要となってくる書類などにも対応している専門家は沢山います。
司法書士や行政書士をはじめ、税理士なども頼りになるので、ぜひ会社設立の際には活用してみてはいかがでしょうか。