東京で会社設立なら Archives - 東京で会社設立するには

HOME » 東京で会社設立なら

東京で会社設立なら

会社設立の案内状ははがき


 

会社設立後は、取引先やクライアントはもちろん、お世話になった人や関わった人に挨拶をするというのがマナーとなっています。
社会の法律で決まっているわけでもありませんし、明確なルールが存在するということでもありません。
ただ、会社設立を行った際には取引先やクライアントへの挨拶はもちろん、他の人にも挨拶が必要となるということだけは覚えておくことが必要です。
近年はメールや電話で簡単な挨拶だけ済ませるということが多いですが、昔から使われてきた方法としては、手紙やはがきによる通達が多いと言えます。
やはり正式な文章に関しては手書きでという考え方が根強いため、日本ではまだまだ手紙やはがきで挨拶をする場合も多いです。
また、会社設立の場合、案内状としての役割も挨拶状は持っているので、必要な内容を書いておくというのが普通だと言えるでしょう。

ただ、手紙やはがきに書く内容に関しては、極力は最小限に抑えて大丈夫です。
必要なことに関しては後々に連絡をすれば良いですし、とりあえず会社設立の挨拶ということで案内状を送るというのが一般的となります。
ちなみに挨拶状に関しては、テンプレートなどもインターネット上に多くアップされています。
どうしても内容が思いつかない場合は、それらのテンプレートを活用してみるというのも良いのではないでしょうか。
その他、わからないことがあるなら専門家にサポートしてもらうのも良いです。
挨拶状や案内状だけで困るということはありませんが、司法書士や行政書士、税理士などもその作成をサポートしてくれます。
そこは上手に使っていくことで、より手間や面倒もなく作成が可能です。
意外と会社設立の際には、行わなくてはならない手続きや申請も多く、意外にもドタバタしてしまうことが多いです。
そのため、最低限必要なことに関しては、専門家に任せてしまうというのが良いかもしれません。

会社設立の案内状や挨拶状を、手紙・はがきで出す場合は特にテンプレートで十分です。
逆に言えば、専門家に丸投げして、取引先やクライアント、その他の相手に送ってもらうというのも良いのではないでしょうか。
なお、他にも経営や運営で相談できる専門家は多いですし、手続きや申請の際に必要となってくる書類などにも対応している専門家は沢山います。
司法書士や行政書士をはじめ、税理士なども頼りになるので、ぜひ会社設立の際には活用してみてはいかがでしょうか。

会社設立の登録免許税!軽減させられる制度について

会社を設立するにあたり、費用についていろいろ調べてみた人も多いと思います。
そんなとき、登記の申請で思いがけない程高いものを見つけ、目が飛び出る思いをした人も多いでしょう。
登記の申請でもっとも高額な費用がかかるのは登録免許税です。
登録免許税は何でこんなに高いのかと思った人も多いと思いますが、半額になる制度もあるんです。
そこで、登記の申請で登録免許税が半額になる制度について見ていきましょう。

・商工会議所のセミナー受講・相談で登録免許税が半額に!?
登録免許税については15万円または資本金×0.7%の費用が必要だと言われています。
しかし、ある方法を使えば、この登録免許税が半額になるという制度があります。
その方法とは商工会議所のセミナーを受講すること、または相談などをすることで登録免許税が半額になっちゃいます。
半額になるなら今すぐ利用したいという人は参考までにご覧ください。
この制度というのは、産業競争力強化法によるもので、基本的には15万円または資本金×0.7%の登録免許税が必要なのですが、この制度を利用することで登録免許税が軽減されます。
軽減してもらえた場合は資本金×0.35%で計算するため、登録免許税を抑えて会社を設立させることが出来ます。

・制度は無担保・第三者保証人なしで利用できる!
この制度は無担保かつ第三者保証人なしで利用できるため、担保がない第三者保証人を立てられない人でも利用することが出来ます。
また、創業関連保証が1,000万円から1,500万円に拡充させることができ、すでに創業している人についても支援を受けることが出来るそうです。
制度を利用すれば新規会社を設立するときも利用でき、登録免許税が15万円から7万円程度に抑えることが出来ます。
また、登記の申請手続きを自分で行うという場合は、専門家に依頼をする費用もかからなくなります。

いかがでしたか、少しでも会社設立の参考になったでしょうか。
登録免許税はもっとも費用が高額なものなので、制度を利用して半額になるというのはとてもうれしい話です。
登録免許税を何とか安く出来ないかと考えている人は、この制度を利用して会社を設立させましょう。
この制度は平成26年1月20日から実施されているので、この制度を利用したい人は具体的な方法について詳しく調べてみた方がいいと思います。
また、市町村によっては支援の内容が異なる場合もあるので、事前に確認を取ってから制度を利用したほうがいいと思います。

借入金で会社設立は可能か

 

個人事業主なら比較的簡単に起業できますし、それほど多額のお金が必要になるわけではありません。
しかし、法人として会社設立を行うのであれば、昔のように多額の資本金を用意する必要はなくなったものの、それでもある程度のお金がなければ難しいでしょう。

このようなときに考えるのは、借入を行うことなのですが、借入をしたお金を資本金に回すということも可能なのでしょうか。
実は借入れたお金を資本金にするのは認められていません。

銀行やローン会社から借りたお金だけではなく、友人や知人、親兄弟から借りたお金でもいけませんし、公的機関からの融資でもダメなのです。
まずはこの点についてしっかりと理解しておきましょう。

では、会社設立の際に必要な資金の援助は全く行えなくなってしまうということになりますが、資本金にするのはダメなのであって、他の点で使用するのは問題ありません。
もし資本金が全くない場合であっても、現在では会社設立は可能です。

それでも多くの人は、資本金をある程度高くしてスタートしたいと考えるでしょうが、この場合には借入ではなく出資という方法で行うようになります。
出資というのは株主がお金を出すことで、借金と同じである借入とは全く異なるのです。

しかも返済する必要がないというメリットがあるのですが、逆に経営権を出資した株主に握られてしまうというデメリットもあります。
資本金を可能な限り低くして会社設立をするか、出資をしてもらって会社設立をするのかは、その人の考え方次第だと言えるでしょう。

借入をした場合には、資本金以外のところで使うようにして、資本金は自分のお金か出資してもらったお金で行うようになります。
しかし、会社というのは資本金だけで成り立っているわけではありません。

土地も必要になりますし、仕事で使用する機材や人材も必要になるでしょう。
土地がない上に購入が難しいのであれば、オフィスなどを借りなければいけません。

そうするとかなり高いお金が必要になってしまうので、最初はどうしてもお金が足りなくなることもあるでしょう。
会社設立当時だけではなく、経営がうまくいかなくて借入が必要になるケースもあります。

そんな借入には、大きく分けると借りる本人が手形を差し入れ、定められている期限までお金を借りるという方法の手形借入と、金銭消費貸借契約を結ぶことでお金を借りることができる証書借入という方法があるのです。
どちらにもメリットとデメリットがあるので、よく確認をしておきましょう。

法人の種類

会社設立するにあたって法人の種類を選択することになりますが、現在日本には株式会社・合同会社・合資会社・合名会社の4種類があります。
ここではその4つの法人の特徴をお伝えしていきますので、これから会社設立する人はどれにするか決めるときの参考にしてください。
≫ 『法人の種類』

東京で会社設立代行サービスを利用したい

東京で会社設立を考えている人の中には、会社設立代行サービスをしている業者を利用したい人も多いのではないでしょうか?
現在代行サービス業者は数が増えてきており、選択肢も増えていますので、自分に合った業者を見つけるためにも特徴を把握してから利用してください。
そこで今回は業者の種類について紹介していきますので、これから代行サービス業者の利用を考えている方は参考にしてほしいと思います。
≫ 『東京で会社設立代行サービスを利用したい』

会社設立費用はトータルでいくら?

会社設立を考えている方が最初に覚えておかなければならないのが、トータルでどのくらいの費用がかかるかという点です。
会社設立費用は規模や事業内容によって異なる部分もありますので、各経営者がどこにいくらかかるのかきちんと把握できるようにしてください。
≫ 『会社設立費用はトータルでいくら?』

会社設立のための助成金

東京では日々たくさんの経営者が誕生し、会社設立と同時に事業を成功させようと日夜努力していることでしょう。
特に近年はインターネットの世界的な普及に伴って、国内だけでなく海外へも目を向けてビジネスを展開する人が増えていますし、小さな企業でも大成功できる可能性を秘めています。
とは言え、スタートの段階では資金面で苦労するところも多く、そこの問題がクリアされなければ前に進めないケースもあると思います。
そこで今回おすすめしたいのが国や自治体などから出されている会社設立の助成金で、これを利用することによって資金面での苦労をクリアにできる可能性があります。
≫ 『会社設立のための助成金』

会社設立に役立つ補助金

東京で会社設立することを目標にしている方も多いと思いますが、起業するときに最大のネックになるのが資金面です。
会社設立はいろいろなところにお金がかかってきますし、東京は土地や不動産の価格も高いですから、事務所を建設するだけでも膨大な資金が必要ですし賃貸で借りるにしてもほかの地域より高くなります。
≫ 『会社設立に役立つ補助金』

サポート業者を利用する時には

東京には会社設立をサポートしてくれる専門の業者がたくさんありますが、そういった業者を利用するときにはいくつかのポイントがあります。
まずひとつめは「どこまでやってもらうか」という点で、これは業者に支払う料金も関係してくるので最初の段階で決めておかなければなりません。
≫ 『サポート業者を利用する時には』

セミナーに参加しよう

東京では毎日いろいろな経営者が会社設立に向けて動き出しており、日々新しい企業が立ち上がっています。
それだけ可能性があるということでもありますし、企業間の競争も激しいですから生き残っていくためには皆必死なのです。
近年ではインターネットの普及もあって、比較的小規模でも起業しやすくなっているのでますます新規企業が増えていくことが予想されています。
そんな中、これから会社設立を考えている人から注目されているのが会社設立に関するセミナーで、ここに参加してから会社設立に向けて動き出す人も少なくありません。
≫ 『セミナーに参加しよう』