会社設立する方法 - 東京で会社設立するには

HOME » 東京で会社設立なら » 会社設立する方法

会社設立する方法

東京で会社設立する場合、どのような方法で進めていけばいいのでしょうか?
会社設立は一般的に株式会社か合同会社になると思いますが、まずはこの違いをよく理解しておきましょう。
旧会社法では株式会社を設立するためには最低でも1,000万円の資本金が必要だったのですが、それも改訂されて今では資本金の設定は特にありません。
したがって誰でも簡単に株式会社が設立できるようになりましたし、1円あれば設立自体は可能です。

株式会社は日本でもっともスタンダードな会社形態で、特徴は何と言っても拡大しやすいところにあります。
なぜなら株式の発行が可能になっていて、株式を買って貰うことにより、それを事業資金にすることができますから、株主が集まればどんどん資金も増えていくのでさらに大きなプロジェクトも進めやすくなります。
また、信用という面でも株式会社は高いので銀行から融資を受けるときにも有利になるでしょう。
一方合同会社は社員全員が有限責任社員となり、株式の発行はできませんが、その分責任を分散することができるメリットがあります。

それでは会社設立する方法ですが、これは自分でやる場合と代行サービス業者に依頼する場合が考えられます。
会社設立の流れは会社名・会社の所在地・事業内容を決めた後で定款の作成・認証、資本金の払い込み、登記書類の作成・申請となりますが、必要書類も揃えなければなりませんし専門的な知識も必要になります。
自分でやる場合はその点の知識がないと難しいのでもともと法学部出身だったとか、法律に興味があって勉強していたという人でないと厳しいかもしれません。

代行サービス業者は会社設立を専門にしているのでスムーズに手続きを進めることができますし、弁護士や行政書士、税理士といった資格を持つ人も在籍しています。
料金も自分でやるより代行サービス業者に任せたほうが良い場合もあるので、どちらがお得か手続きを始める前に比較してみましょう。