法人の種類 - 東京で会社設立するには

HOME » 東京で会社設立なら » 法人の種類

法人の種類

会社設立するにあたって法人の種類を選択することになりますが、現在日本には株式会社・合同会社・合資会社・合名会社の4種類があります。
ここではその4つの法人の特徴をお伝えしていきますので、これから会社設立する人はどれにするか決めるときの参考にしてください。

はじめにもっともスタンダードなタイプの法人が株式会社で、おそらく日本の企業のほとんどが株式会社ではないでしょうか?
株式会社の特徴は文字通り株式を発行できる点にあり、これを買ってくれる人が増えれば運営資金に充てることができるので事業拡大もしやすくなります。
また、信用という面ではほかの3つの法人形態と比べるとはるかに高いものがあり、銀行から融資を受けるときや新たな取引先と交渉するときにも株式会社であることが大きなアドバンテージになるはずです。
実際に世間で会社と言えば株式会社を連想する人がほとんどですし、ほかの3つの法人については知らない人もいるくらいです。

次に合同会社ですが、こちらは欧米では知名度を高めつつありますが日本ではまだマイナーな法人形態と言えます。
しかし今後可能性を秘めていると言われているので、注目を集めはじめています。
特徴としてはまず社員全員が有限責任社員になることで、基本的に全員で出資して全員で運営していくスタイルになります。
代表社員という形の存在はいますが、株式会社の役員のような特別な権限を持つわけではなく、あくまでもみんなの代表という形なので、全員に平等な発言権があります。

最後に合資会社と合名会社ですが、こちらは個人事業主の集まりのようなもので、実際にこの法人形態を選択する人はほとんどいません。
なぜなら法人化するうえでのメリットがほとんどありませんし、責任という面でも個人事業主のときと大きく変わるわけではないからです。
あげるとすれば社会保険への加入が可能な点や設立が簡単で費用も株式会社・合同会社と比べると安い点くらいでしょう。