会社設立費用はトータルでいくら? - 東京で会社設立するには

HOME » 東京で会社設立なら » 会社設立費用はトータルでいくら?

会社設立費用はトータルでいくら?

会社設立を考えている方が最初に覚えておかなければならないのが、トータルでどのくらいの費用がかかるかという点です。
会社設立費用は規模や事業内容によって異なる部分もありますので、各経営者がどこにいくらかかるのかきちんと把握できるようにしてください。

まず会社設立の手続きにかかる費用は株式会社にするか合同会社にするかで変わってきます。
株式会社の場合、定款の認証手数料が50,000円、紙の定款の場合は収入印紙代が40,000円(電子定款の場合は0円)、定款謄本代が2冊で2,000円程度、登記事項証明書代が1通で600円、印鑑証明書代が1通で450円、登録免許税が150,000円でトータル203,050円〜243,050円かかることになります。

一方合同会社の場合は定款の認証が必要ありませんので、紙の定款だと収入印紙代の40,000円のみ(電子定款の場合は0円)、登記事項証明書代が1通で600円、印鑑証明書代が1通で450円、登録免許税が60,000円でトータル61,050円〜101,050円になります。
したがって単純に会社設立の手続きだけ見れば合同会社のほうが安くなります。

ただこれはあくまでも会社設立の手続きにかかる費用で、たとえば人材派遣会社を設立するなら最低でも資本金2,000万円必要になりますし、職業紹介業になると500万円の資本金を用意しなければなりません。
また、資本金は基本的に事業にしか使えないお金で、最低でも3ヵ月間は運営していけるだけの金額を用意しておくのが一般的です。
現在会社法が改訂されて株式会社でも資本金の設定はなくなりましたが、資本金がなければ会社を運営していくこともままならないので、必要な金額がどれくらいなのか会社設立の手続きにかかる費用とは別にして考えておかなければなりません。

ほかにも事務所を借りるための賃料やインターネット工事費用などもかかりますので、そちらも含めて用意しておきましょう。