会社設立のための助成金 - 東京で会社設立するには

HOME » 東京で会社設立なら » 会社設立のための助成金

会社設立のための助成金

東京では日々たくさんの経営者が誕生し、会社設立と同時に事業を成功させようと日夜努力していることでしょう。
特に近年はインターネットの世界的な普及に伴って、国内だけでなく海外へも目を向けてビジネスを展開する人が増えていますし、小さな企業でも大成功できる可能性を秘めています。
とは言え、スタートの段階では資金面で苦労するところも多く、そこの問題がクリアされなければ前に進めないケースもあると思います。
そこで今回おすすめしたいのが国や自治体などから出されている会社設立の助成金で、これを利用することによって資金面での苦労をクリアにできる可能性があります。

それでは助成金とはどのような制度でどういった種類のものがあるのでしょうか?
まず助成金が設けられている背景には雇用の促進やキャリアアップ、地域の産業を活性化させる目的があって、企業のレベルを上げることで経済を盛り上げようという意図があります。

たとえば厚生労働省から出されているキャリアアップ助成金制度には「正社員化コース」「人材育成コース」「賃金規定等改定コース」「健康診断制度コース」「賃金規定等共通化コース」「諸手当制度共通化コース」「選択的適用拡大導入時処遇改善コース」「短時間労働者労働時間延長コース」と8つのコースがあります。
ほかにも自治体や民間企業や団体が独自に出している助成金もありますので、そちらも合わせて調べてみてください。

助成金は補助金と比べると条件が整えば支給してもらえる可能性が高いため、資金集めに苦労しているならまず選択肢に入れたい制度です。
基本的に返済の必要はありませんので、融資を受けるよりも安心ですし思い切った使い方ができるはずです。
とは言え、助成金を支給するからには出す側も条件がありますので、申請すれば必ず支給されるわけではありません。
また助成金は銀行からの融資のように審査に通ればすぐ支給されるものではなく、原則として後払いです。