会社設立に役立つ補助金 - 東京で会社設立するには

HOME » 東京で会社設立なら » 会社設立に役立つ補助金

会社設立に役立つ補助金

東京で会社設立することを目標にしている方も多いと思いますが、起業するときに最大のネックになるのが資金面です。
会社設立はいろいろなところにお金がかかってきますし、東京は土地や不動産の価格も高いですから、事務所を建設するだけでも膨大な資金が必要ですし賃貸で借りるにしてもほかの地域より高くなります。

そこで知っておいてほしいのが補助金制度で、これは大きく分けると3種類あります。
ひとつめは経済産業省から出される創業補助金・小規模事業者持続化補助金・ものづくり補助金といったもので、これは地域の企業を活性化させようという目的や若者の活躍、小さな企業の支援といったことを目的があります。
ふたつめは自治体が独自に支給している補助金で、これは東京の場合各市区町村によって制度が異なる場合がありますので、詳しくは会社の所在地になる予定の管轄にあたる自治体へ直接問い合わせてみてください。

最後に起業や民間の団体から出ている補助金もあって、これは企業や団体に関わる企業を応援するために設けられた制度ですからすべての新規企業が対象になるわけではありません。
したがってこういったところから支援を受ける場合は、補助金を出しているところの傘下になるなどの条件がありますので、その点も考慮して決断する必要があります。

このように補助金には3つの種類があり、会社設立を考えている人の心強い味方になってくれますが、申請すれば必ず出るものではありません。
補助金を出す目的は出した側にもメリットがなければいけませんし、それだけの可能性が感じられなければ申請しても通らない可能性があります。
ですから、補助金を申請しようと思うならそれだけの事業計画を提示して納得させる必要がありますし、それが結果的に自分たちのためにもなります。
まずは補助金とはどういうものなのか詳しく調べ、同時に自分たちのやろうとしている事業を再度見つめなおして申請してください。